保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

カテゴリー: ひとりごと  次のページ »

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香辛料に民族性の違いを見る

2010-11-12
ひとりごと
香辛料、欧米でも、朝鮮でも、支那、中東でも多数使われています。

日本人にとって香辛料とは「素材の味をさらに引き出す」というものだと思う。

日本の香辛料、わさび、和がらし、七味などが代表でしょうか。

七味などは昔には職人がいて講釈をしながら、自分好みの七味を作ってくれたものです。

しかし他国では違って香辛料とは「素材の味をごまかす」ための物でもあるのかと
思いつきました。

食べるラー油

食卓に大旋風を起こしたこの香辛料、未だにヤフオクでは人気です。

友人が手作りしまして、私もその恩恵にあずかっています。友人感謝ありがとう。
(基本レシピにナッツ類、干しえびなどを大量に混ぜて、ニンニクはもちろん国産)

私自身は、ちょっと辛いのは好きで激辛はごめんなさいですが、友人手作りの
食べるラー油にははまりました。

食べて食べて食べると、ある日ふと気付くのです。

食べるラー油を乗っけたものは、全て食べるラー油の味になる。

素材、出汁、食感なんか関係なく、すべて食べるラー油味になる。

食べ続けたら、日本人の繊細な感覚、味覚がぶっ壊されような感覚を持ちました。

そして、このような香辛料を使ってご飯を食べなければならない人たちは気の毒だと思うし、
鮮度や旬の感覚などないんだろうなと思った。

本格中華の店に行って一番の恐怖は、全て八角味の香りで参った。
八角は本当に、叉焼から炒飯からホッドポットまで、何にでも放り込むのは何故?

先日も載せましたが、今日も載せます。

支那では何故か下水道に大量の油が堆積(日本は油流すの禁止)してるけど、
何でも油炒めで済ます支那には、特別な油が必要なようです。

その下水道から掻きとって、一晩濾したのが「地溝油」(ちこうゆ)

医食同源、郷に入っては郷に従え、全て支那様のお言葉です。

さて、いま一度動画を紹介します。

ヘルシーな中国の油
再生時間 3:07






スポンサーサイト

気分転換「シャッターアイランド」

2010-11-08
ひとりごと
一昨日は尖閣ビデオの拡散動画でニコニコ政治カテゴリーは埋め尽くされ、
それは今日もですが昨日から尖閣ビデオに絡んだ、MADも人気なようです。

本当にお腹いっぱい、オカンの消化能力を超えています。
2700のHP、375のMPなのに、ほぼどちらもゼロ、しかも手持ちはポーション三個のみ。
ケアルラおぼえるの忘れてたよ。

なのでまたしても現実逃避(あくまでも一時的な)なのかDVDを三枚借りてきました。

「サマーウォーズ」
「シャッターアイランド」
「となりのトトロ」

以上、ツタヤの三本999円セールで借りました。

となりのトトロはビデオを持っていて、アニーたちもそれで育ったのですが、
買ったのは北米、英語版でした。

トゥトゥオロォ、スワツキィ(ビーズではなくサツキ)、ナーニー(おばあちゃん)なんかのアテレコでしたが
それなりに子供たちは食いつきました。

なので今度はちゃんと日本語版をみせようかと思ってね。
(トトロってこんな話だったんだ、と娘が言っとりました。)

サマーウォーズは家人がエヴァ教になって買ってきた雑誌に一話目が載ってて、
面白そうだったのと、続きが気になったので借りてきました。

仮想世界、オズにも大変な魅力を感じたし、伝統的な家族というもの、対極に位置するように
見えるけど見事に融合、完璧な着地で大変楽しめました。
キング・カズマの正体が実はヘタレとかエヴァっぽいのは仕方ない。

さて、シャッターアイランド。

何だかのランキング一位にあったし、面白そうな触れ込みが書いてあったので借りました。
ディカプリオには全く興味はありませんが。

たしかに、冒頭での注意書きの通りだと思うよ。

しかし見た後「やめ、やめて!!!ええええええええ、コレで終わり??!!ウソウソウs」と
久しぶりにイモムシジャンピングをキメました。

関連サイトに行けば答えはあるのだろうけど、まだ見てません(これから見る)

かなり以前、大変にモテモテの男性からの格言ですが、

「女は白黒つけたがる、灰色ってのがないんだよね。」

そう、私も「キレイな着地」が見たいのです。

だからエヴァも苦手なのかなと(家人のエヴァ教も大きいが)

風とともに去りぬ、の原作を読んだ後に着地に納得できずスカーレットを読みました。
(スカーレットの作者は別人)

しかし読後、風とともに去りぬの作者が言ったように「あの話はあれで決着、終わり」が
納得できたものです。

何だか脱線多発、全て民主が悪い。(ウソです、ゴメン)

読書もいいけど、たまにはDVDもいいですね。




もう来ないでNHK

2010-11-05
ひとりごと
昨日、夕方にピンポン、当地にてお初のNHK取立て人がやって来ました。

パタパタとした時間だったので余裕が無く、冷静さを欠いて売り言葉に買い言葉になって、
大反省をしています。

NHK> NHKです。受信料のお支払いに関してウンタラ

うさぎ> 払いません。嫌です。見ません。

NHK> 見る、見ないは関係ないのです。アンテナが立っているお宅が対象となります。

うさぎ> そんなら国民全員、給料引き落としにすればいいでしょう、嫌です。

NHK> そのような意見もありますが、現状では対象となるご家庭への訪問をしています。
     こちらの世帯主はうさぎ様で?

うさぎ> そうです。何で払いたくないのか、知らないのですか。

NHK> 私どもはただ、対象となるご家庭を訪問しています。

うさぎ> NHKは見ません。私に請求するなら、40年間不払いの方から先に貰ってください。

NHK> そのような方も確かにいらっしゃいます。ではうさぎ様も支払いなさらないと
     言う事で確認させていただくことでよろしいでしょうか。
 
(このあたりで双方、ムカっときている。こちらも相手も喧嘩ごし)

うさぎ> 結構です。払いませんし嫌です。

NHK> わかりました。

(取立人、ipodみたいのに何かチェックを入れている、かなりご立腹の様子)

NHK> それでは、うさぎ様のことはそのように致しますので。

うさぎ> (こちらもかなり腹がたってきた、空腹のせいもある)
     結構です。

NHK> では。(去ろうとする)

うさぎ> ちょっと!! 私みたいのに訴訟とか取立てはやめて下さいね。
     まず40年間、不払いの方から払って貰って下さいね!!

NHK> そのように対処します!!

こんな時、まずは相手の姓名を聞くのが決まりなのに、それすらすっとばしてしまった。

NHKとの攻防は今に始ったことではなく、かなり前の不祥事以来、受信料支払い拒否を
続けていました。(保守系運動を知る以前からです)

支払い拒否の理由をこんこんと訴え、何年も支払い拒否したら、
NHKはハガキを送ってきましたよ。

「いままでの分(受信料)はチャラにするから、今後は払って欲しい」ってね。

それも無視してたら取立てには誰も来なくなった。

本当に、もうテレビ捨てたい。

要らないし、必要ないけど、子供がバラエティ見るためだけに置いてる。

ほぼ、DVDを見るモニター状態なんだよ。

今回のNHK取立て人はかなり怒ってたので、「悪質な受信料不払い人」として
登録されたのは間違いない。

契約解除のハガキ送るかなぁ。

しかし今は集合住宅住まいで、勝手にアンテナ捨てるわけにはいかないし。

あああああああ、面倒くさいよ、NHK。

あの取立人だって委託でしょう。

そんなに取り立てするなら、そんな余計な人件費払ってないで、給料天引きや、
明確な受信契約(ケーブルとかスカパーとか光とかみたいに)を結べばいいじゃないよ。

いつまで情実経営してんだよ、天下のNHK様は。



「兵隊にいった」方々

2010-10-30
ひとりごと
時々、お歳よりの方と話す機会を持っています。

今日はなんとも、やるせない思いで一杯です。

しばらく前まで、お歳よりとお話すると「兵隊にいった」話が一番でした。

シベリヤで抑留されたけど、帰ってきて茶碗屋を行商したよ。

私は海軍で、あちこち転戦したよ。

私は運よく、内地でした。

私の夫は(徴兵ではなく)軍属で、海軍の少佐でした。大陸を転戦しました。


時間の限り、彼らの兵隊へ行った話しは尽きませんでした。

つい先日、また大正生まれの方とお話させていただきました。

うさぎ> ○さんは、兵隊へ行ったのですか?

○さん> 行きましたよ。ええ、徴兵で。学徒出陣ってテレビでやるあれ、あるでしょ。
      私、早稲田の学生で引っ張られましてね。
      あの、学徒出陣式のなかに、私もいるんです。

うさぎ> ええ! あの抜刀隊のですか。

○さん> そうです!そうです!いたんですよ、私。

うさぎ> 軍隊ではどちらに。

○さん> 私は海軍でした。内地でね。

うさぎ> そうですか。日本を守ったのですね。

一昔前なら、それこそ濁流のように話される当時の話。

しかし、○さんはそれ以上、口を開くことはありませんでした。

○さんは、高齢ですがとてもしっかりした方で、時代の波に乗り冗談も上手く、
趣味はデジカメの写真です。

今、90代の方々のお話を聞くのは、年齢的にとても大変だと思います。

○さんには、ぜひお話を伺いたかった。

しかし○さんは語らず。

空気を大変に読める○さんは、先の大戦で戦った事をどう思うのでしょうか。

大将たちはA級戦犯、戦後も日本が悪いと言われ続け、日本人も日本が悪いと思った。

そして、かつて日本のために戦った大学生の口を閉じてしまった。

大戦で戦った、学徒動員された、といった話は「自分の恥」になってしまったのでしょうか。

○さんは、凛としてかくしゃくたる御仁です。

あの、抜刀隊、学徒出陣の中にいた方です。

英霊の方々ならず、いま現在を生きる方々にも沈黙をもたらす空気って、一体なんでしょう。

彼らが口を噤まざるを得ない、今の日本ってどうなんでしょう。






今日は笑いを

2010-10-22
ひとりごと
息抜きです。

私のニコニコ動画マイリストより動画を紹介します。

どれでもお好きなのを、どうぞ。

流れるコメントを消すには右下のフキダシをクリックして下さい。

足の臭いでショックをうけたねこ
再生時間 0:35



エヴァOPを本気で歌う海外の少年
再生時間 4:08
コチラはコメントありがおすすめです。



足の悪いマリオがひたすら階段を上がる動画
再生時間 1:15



軟式globe
再生時間 8:07



Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。