保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

カテゴリー: 中国、北朝鮮残留孤児3-1

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、朝鮮残留孤児3-3

2010-05-24
中国、北朝鮮残留孤児3-1
さて、朝鮮残留孤児について気になるきっかけとなった本は
「流れる星はいきている」藤原てい著です。

なぜかふと、思いだしました。
当時は「こりゃ大変だ、なんてこったい」の感想でしたが
本当の史実がわかってきた今、本書を思いだすと著者との距離が
ぐっと近づいてきたような感じを改めて受けます。

ネタバレありですので、読んでみたいかたはここでストッピして下さい。

これは小学校高学年の頃か、中学の初めあたりで読んだのですが
子供の自分にはかなりショッキングな内容でした。

一人の日本人女性が、三人の幼子を連れ、38度線をこえて日本へ
帰国する経緯がかかれたものです。

当時、アメリカ占領下にあった南では比較的、帰国は大変ではなかった
ようですが、38度線以北のロシア占領下では、まさにアナーキー地獄、
命がけだったようです。

子供たちも5歳、3歳、1歳位で本当に小さくて、一人も欠く事無く
帰国できたことは酷い経緯の中での救いでした。

自分にも同じような構成の子供がいますので、どれほどの大変さかは
今ではよくわかります。

今まで知った朝鮮、シナ人の本性を考えると奇跡に近いと思います。

物語の最後に、一番したのお子さんの具合が悪そうで、元気に成長されたか
気になっていましたが、過日、新聞かな?とても立派に成長されていたのを
知り、ほっとしました。

当時、長男だったまさひこ君が、読売新聞の人生案内で回答されていた
藤原正彦氏と知った時にも、とても嬉しかったのをよく覚えています。
しかもお茶大名誉教授ですよ。

敗戦と同時に襲い掛かる隣人、知人、ロシア兵。

この本だけではなく、語られていない、記録されていない事実は
どのような内容によらず、かなりあると思います。

なぜ朝鮮残留孤児がいないのか。

本当に、何故なのでしょう。
スポンサーサイト

中国、朝鮮残留孤児2-3

2010-05-23
中国、北朝鮮残留孤児3-1
残留孤児の肉親探しに尽力した、一人の民間人が国を動かしたとも言われる
そうですが、この帰国残留孤児の方々にはとても手厚い支援が日本で
決まり、その時点で訴訟問題は終わったそうです。

朝鮮残留孤児、私はその存在を聞いた事も見たこともないのです。

朝鮮残留孤児を育てた!今までの養育費を支払え!と食いつきの
良さそうなものだと思えるのですが。

朝鮮進駐軍(戦後各地で暴動をおこした在日朝鮮人)などを考えると、当時の
半島ではさらに酷かったのではと思ってしまいます。

朝鮮残留孤児についての史料は、あることにはあるんですが、殆どが証言で、
これという決定的な証拠は見つけられませんでした。

証言が証拠になるなら従軍慰安婦も史実になるので、あくまでも参考程度の
引用をしてみたいと思います。残留孤児の史料ではありませんが、当時の
状況を伝える参考としました。
韓国では有害図書として発禁になってます。

かなり長文、グロテスクな表現、記述もありますので苦手な方はご注意ください。

中国、朝鮮残留孤児1-3

2010-05-22
中国、北朝鮮残留孤児3-1
これについての私の知識は「余り豊かではないのに、敵国の子供を
引き取って育てるとはありがたや」程度で、併合により日本であったはずの
半島で何故、残留孤児がいないのか疑問に思ったのは最近です。

疑問に思うきっかけとなった本があるので、後ほど紹介しますね。
(ちなみに「大地の子」ではありません)

さて、中国残留孤児ですが、国交回復後から本格的な帰国事業が始った
ようで1980年代くらいですかね?
さかんにテレビで報道されていたのが記憶に残ってます。

現在のようにDNA鑑定などは無かったので、何かしら親が持たせた
名前や住所などで肉親と再会できた方も中にはいらっしゃったようで
満州で預けられた方などは比較的、幸運なようでした。

何しろ残留孤児への対応が大変に遅く、当事者も高齢化、証拠も
何もなしとなれば、帰国?入国?も難しいはずですが、この帰国に
より、大量のシナ人が日本へやってきた事は事実です。

孤児一人につき、平均50人前後、多い場合は150名ほどの親類縁者が
日本に来ました。

偽孤児の発覚もあり、本当に残留孤児として帰国された方の親族を
合計すると一体何万人のシナ人が日本へきたのかな。

この記事について調べていたら、ヤッホウ知恵袋や質問箱のQ&Aに

「台湾は帰国事業がスムースだったから」(これはホントかも)
「漢人が温厚なゆえ、子供たちを育ててあげた」

などのベストアンサーが結構あるんですよ。
温厚な漢人なんて何処を探せばいるんすか?

ここまでくると、かなり胡散臭く、モニターをガン見していたのですが。

そう、中国といえば、人身売買が名物の一つです。
労働力として、他の目的としての文字通りの人身売買です。

さらに民主党の進める売国法案、移民一千万人計画、
二世、三世のシナ人マフィア問題、過去の訴訟。

うーん、今回はシナよりも朝鮮残留孤児についてを主に書きたいので
チャイナはこの辺で(つか、調べると底なしになりそう)

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。