保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

カテゴリー: 両班とは1-2

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両班とは2-2

2010-06-09
両班とは1-2
昨日のつづきです。

(10) 李氏朝鮮時代には、特別職につくための「文科、武科」科挙(試験の
     ようなもの)があり、科挙は良民全体に門戸が開かれていたが、
     これを受験するためにはある程度の経済力が必要となり、事実上、
     両班、特権階級の人間のみで占められていった。

(11) 李氏朝鮮時代、両班を頂点に、はっきりとした身分階級ができた。
     中人(雑化を排出する階級)、常民(農民)、賤民が出来た。

(12) 儒教(朱子学)の教えのもと、労働行為そのものを忌み嫌うようになった。
     これが「転んでも自分では起きない」「箸と本より思いものは持たない」
     と言われる両班の性質である。

(13) 常民以上を良民とし、選民は良民に戻ることが可能な奴婢(ノビ)と、
     それも不可能な白丁(ペクチョン)で構成され、居住、職業、結婚
     などに制約が課せられていた。

(14) 奴婢は市場で人身売買された。白丁以外には、僧侶、巫堂(ムーダン)
     妓生(キーセン)などがいた。

     ※ムーダン…様々な祈願のときの踊り子。主に女性。楽士は主に男性。
     ※キーセン…売春婦

(15) この身分階級は、日韓併合後に廃止された。

(16) 李朝末期のドサクサや身分の売買、などでどんどん両班、自称両班が
     増えていき、朝鮮半島の相当多数が戸籍上、両班となっている。

(17) 現在の韓国人の大多数が両班の血を引くと自称しているが、族譜を
     見れば大体分かる。

日本にも有名な「士農工商」や、非人や、エタがありましたが、この二つの
階級が出来上がった経緯には、よくわかっていない部分もあり諸説あるようです。

一説には非人はお金を払えば庶民に戻ることができるが、エタは一生涯、
「平人(ひらびと、または、ひらんど)=庶民」に戻ることはできませんでした。

上の二行は、ある質問箱の回答からの引用ですが、李氏朝鮮の奴婢と似てますね。

しかし、現在でも半島の殆どが両班の末裔とは。

両班というだけで身分を悪用、収奪、虐待、殺人など、悪いことも
山ほどやったというのは、知らないのか、確信犯なのか、どうなんですかね。
スポンサーサイト

両班とは1-2

2010-06-08
両班とは1-2
今日はどんより天気、テンション上げるか、下げるか迷うところです。

先日「両班キムチ」のご紹介をしましたが、ぐぐる先生を読んでみました。

かなり詳しく書いてあり、さほどウソコではなさそうなので、
抜粋、引用してみます。

(1) 高麗が国家を建設するとき、唐、宋の官僚制度を参考にしながら
    文臣(文班)、武臣(武班)の二つの班からなる官僚制度、
    支配機構を担った身分階級のこと。

(2) 李氏朝鮮王朝時代には、良民(両班、中人、常人)と賤民(奴婢、白丁)
    に分けられる身分階級の最上位に位置していた貴族階級に相当する。

(3) そのため現在でも、志操の高い精神構造を両班精神、両班意識など
    良い意味を表す言葉でもある。

(4) 高麗より、武臣は文臣の下に置かれ、李氏朝鮮時代にはさらに徹底された。

(5) 文臣の下で押さえつけられた武臣は反乱を起こし、武臣による文臣の
    大量殺人が発生、高麗が元に降伏するまでの間、武人政治が行われていた。

(6) 元により、武人の解体が行われたが、これに納得できない武人がまたしても反乱。
    元により鎮圧され、事実上、両班制度は崩壊する。

(7) かわりに台頭してきたのが、中小の地主層を中心とした階級。
    彼らは事実上崩壊した高麗軍に変わり、軍隊を組織して他よりの
    攻撃を数度にわたり撃退、高麗政府もその功績を認めざるを得ず、
    国家から、特別の官職を与えられる事になる。

(8) 高麗末期には、これら官職を持つ中小地主層が増えていき、新たな
    両班階級を形成した。

(9) 高麗末期からは、新興儒臣や在地地主などの在地地主などの地方両班を
    中心とした勢力が台頭し、この勢力が現在の両班階級のもとになる。

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。