保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長の都市伝説2

2010-10-24
オウム
オウム事件とはただ、言い方は変だが「純粋なカルト事件」だったのだろうか。

事件の流れに入る前に、いくつかの事件、人物を取り上げておく。

麻原彰晃は傷害罪、薬事法違反で二度の逮捕暦あり。自身でヨガや道場などを開く前に
新興宗教「阿含宗」の信者であり、そこで腹心の部下、早川と出合っている(ここ大事)

1984年、オウム真理教の前身である「オウム神仙の会」の開祖となり、早川、上祐、村井などの
のちにメディアに登場し世間を騒がせる面子も、このころからの信者である。

地下鉄サリン事件は1995年3月20日に起こる。

・村井を殺害した人物
村井は上祐と並ぶ、メディアに対するオウムの広報対策のような人物で「ああいえば上祐」とは
違い、人の良さげな好感を持たれた人物。
メディアに登場するたび、明らかに極秘の内部情報とも思える発言をしていた。
「使える金は1000億ある。」
「地下鉄事件で使われたのはサリンではなく、アメリカの研究所も証明してくれる。」など。

さて、この村井をメディア中継のど真ん中で刺殺したのは、1965年群馬県高崎市生まれの
在日韓国人二世、除裕行、チュチェ思想研究会員であり、すでに釈放済みである。
1994年より山口組系暴力団、羽根組に出入りし、1995年4月若頭に犯行を指示されたと供述。
(ちなみにこの若頭は逮捕されるも無罪放免されている)
除が犯行直前まで住んでいた家の持ち主は、朴春仙(パク・チュンソン)の妹。
朴春仙は、北朝鮮の工作員である辛光洙(シン・ガンス)の愛人。
この家には朝鮮総連の幹部も出入りしていた。

・石井紘基議員刺殺事件 民主党議員 2002年10月25日刺殺
派手な学生運動暦を持つ、民主党議員。
議員ならではの国政調査権を用い、自分の足で調査を行い、
具体的に世間にそれを提示し「国会の爆弾男」と呼ばれていた。
「オウムは統一教会をラジカルにしたもの」などの発言もあった。
米メディアでは「私怨とみせた暗殺」と報道された。

犯人は山口組右翼団体所属と言われる伊藤白水こと本名、尹白水。
殺害される数日前より、石井氏はおびえていたという。3日後には国会冒頭質問を控え、
その内容は日本がひっくり返るような質問となるはずであった。
以下、側近の証言。
「ナイフで刺され、直に警察へ電話したが、最初は全然つながらなかった。やっと電話がつながり、
 最初にパトカーが数台来た、しかし数が多すぎた。あとから来た救急車は道路をふさぐパトカーの
 おかげで来られず、パトカーが道を空けなければならなかった。」
「その間、石井は出血しつづけていた。不思議なのは、救急車にやっと乗って病院に向かった時間に
 すでにテレビのテロップに石井紘基死亡と流れていた。国会でももう、犯人は右翼の伊藤白水って
 メモ書きが議員の間を行き来していた。」
彼の暗殺後、この件に係わる国会質問はなされず、民主党の別の議員が代役となった。
国会には安堵の雰囲気が流れた。

石井が心血を注いで調べた資料はダンボール数箱にのぼる。もちろん警察は調べようとしない。
民主党の誰も調べない。大手マスコミも調べない。
そして彼が持っていたメモ書きと資料、どちらも行方不明のままである。

犯人は高尾山へ逃走、その後、警察ではなく「公安部と連絡をとりたい」と警視庁正面玄関に出頭。
無期懲役となるが、真相は報道されずに闇の中となっている。

この二つの事件、公安、警察、メディアが同じような動きをしている。
石井議員の死がオウムと関係するのかは不明のままであるが、心よりご冥福を祈りたい。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。