保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長の都市伝説6

2010-10-28
オウム
地下鉄サリン事件を北朝鮮の、
「日本撹乱工作の予行演習」
「日本の危機管理の杜撰さと、どのような動きが取られるのかという
 シュミレーションのデータを得るため」
に行ったのではないかという見方もあるが、あくまで推論の域を出ないものである。

このような見方の元となったのは、事件発生、証拠物を警察が入手し、サリンとの
断定があまりにも手際よく早すぎた事である。

サティアンーテレビ中継班ー警察の順に布陣され、メディアがカメラを回してから、
警察はカナリヤを先頭に、しずしずと中継カメラの前を通り過ぎていった。

第七サティアンの設備でサリン生成は不可能との意見もある。
本来のサリンは無味無臭、オウムが使ったとされるサリンは煙がたったり、異臭がしたりしている。
村井からの「あれはサリンではない」との発言もある。

サリンが入っていたという袋も、サリンの残留物も、法廷では実物はおろか、
写真すら明らかにされていない。
袋を刺したと言われる雨傘もどこにもない。
消防庁の分析ではアセトニトリルが検出されたという。
しかし警視庁は一貫してこれを無視、否定している。
アセトニトリルはサリン生成、分解の過程では登場しない。
サリンなどの神経性毒ガスとは系統が異なる。

宗教団体とマネーロンダリングの関係も無視することはできない。

池田大作は信者から集めた金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りに
使わせていたとの話がある。
そしてそこで得た利益を、当時の自民党のドン、小沢一郎へ渡し、小沢氏は
その金で政界工作をする、とのカラクリも噂される。

小沢一郎が自民党幹事長であった時、湾岸戦争に日本からとして総計135億ドルを支払った。
(これは小沢一郎の決定)
しかし米国政府の報告書では、日本からの戦費は100億ドルと記載され、35億ドルは
行方不明のままであるとのこと。

イラク攻撃を支持した小泉首相に異議申し立てをし、外務省を辞めた天木直人氏によると、
当時の日本は約31億円の戦闘機F-15を108億円で、約16億円の戦闘ヘリ「アパッチ」を
72億円で購入していたとされる。

オウム真理教もマネーロンダリング機関とし使われていたて可能性がある。
北朝鮮は1970年代から東南アジアなどで買い集めた麻薬を密輸、密売していた。
1980年代半ばからは、北朝鮮国内でケシの自家栽培を始め、1991年からは
外貨獲得策として本格化。日本の暴力団と組み、日本国内で大量に麻薬を流通させ、
その金をどこかで洗浄していた可能性も否定できない。

サリンを製造していたとされる第七サティアンではサリンではなく、覚せい剤を密造して
いたとも言われる。
警視庁は第七サティアンに外部の専門家が入ることを阻止し、裁判半ばにも係わらず、
まるで証拠を隠滅するかのようにサティアンを解体してしまった。

上記のようにマネーロンダリングには所謂「大物」が係わっている例が少なくない。
まるでフタをするようにサリンと断定、証拠は解体となれば邪推の一つもありであろう。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。