保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカルトな話

2011-01-20
創価学会
ヘッドラインは追っていますが、なにをグズグズしてるんですかね。

カンチョクトさん、とっくに終了なのになにをしてるんですか。

もう最近のお顔は変すぎて、見るに耐えません。

小沢はいまさらですよ。

お好きに遊ばせばよろしのでは?

叩けば自分のホコリがそれは沢山でるでしょうね。

こんな馬鹿げた政権がなぜ退陣しないのか。

利権だけがご馳走の最底辺の人間がいるからでしょう。


さて、前置きが長いですが今日のタイトル。

オカルトな話ですよ。

(苦手な方はここでやめてね)

先年、ある事があり、それなりの事情で創価せんべいにかかわることがありました。

まあ、それなりな仕方のない係わりだったと思います。

大人数でのお題目っての?読経っての?に巻き込まれ
本当に頭痛がしました。

対象にガードをはり(スピリチュアルな面でね)
何とかその場を乗り切りました。

しかし帰ってからの按配がよくない。

私がいつもお墓参りに行くお寺のご本尊はお不動さんで
帰って以来、お墓参りに行き、そのお不動さんに手を合わせたくて
しかたなかった。

なかなか日程が合わず、無理やりでしたがそのお寺へ出発しました。

だが。

地元で方向音痴でもない私が、家の近所で迷う事2時間。

普通であれば30分の行程です。

着いたのは3時間後でした。

グルグルと果てもなくめぐりました。


やっと到着、お不動さんに拝み、線香をあげどっぷりとその場に
崩れ落ちました。

その後気分も軽快。

全く知らない帰り道も、方向だけで30分で帰宅。

私にはいわゆる霊感というのはありませんが、これは不思議でした。

何が悪い、何が良いとは個々の基準でしょう。

だったら、私には「創価せんべいはいかん」としか
いいようがありません。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。