保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインと鳩山兄弟

2010-02-14
ひとりごと
今日はバレンタインですね~。みんな忙しい思いをしてるのかな。

最近は友チョコばっかでね。女子、少しは男子にもあげようよ。


今年のバレンタインは日曜なのでアニーもホッとしていることでしょう。

先一昨年、女子に「放課後ちょっと待ってて」と言われ逃亡、全力疾走で帰宅しました。
「やっべー!オレ、やっべーから走ってきたよ!」逃走された女子が気の毒でなりません。

その後アニーはバレンタイン&軽い女子恐怖症になり、一昨年のバレンタインは
気合で熱をだして欠席、昨年は土曜だったので安心していたところ、ポストに無記名のチョコが。
お返しできなくでごめんよ。

以前、アニーに携帯欲しいか?と聞いたところ
「全然欲しくない。だって公衆電話があるじゃん」だと。

そうだよねー自分で稼げないうちは持てないよね。
それにね、携帯電話を持つととても恐ろしい事が起きるんだよ~
女子がね「携帯のアドレスおしえて!」って言ってくるんだよ~
そして日に何度も何度も意味のないメールがなり続けるだよ~
と話したら、真面目に黙り込んでガクブルしてた(いじってスマン)


私自身の幸せなバレンタインの記憶っつーのは一度だけです。
焼肉屋に行ってカルビ十何人前食べて、生中飲みまくって満足でした。
取り合えずプレゼント交換でもしようと話していたので準備。
相手の希望は特に無かったのでヴィトンの財布にしました(普段ブランドには興味ない)

私はコードレス電話がほしかったので希望。
何度も「それでいいの?」と聞かれたけど欲しいものはそれしかなかった。

袋に入った財布をテーブル越しに渡すとき、渡しそびれてカルビの乗った焼き網へ落下。
相手がソッコー拾ってました。
焼肉代もおごろうかと思ったけど、自分にしてみたら財布がやけに高かったので割り勘請求。
こんなバレンタインでも楽しかったけどね。


さて鳩山由紀夫氏に関しては識者の方が詳しく書いておられるので
政治的な面からは書きません。


鳩山兄弟のほうに興味がわいてきまして。

いつものごとく、ざっと調べてみたのですが、二人とも勉強ができるんですね。
どちらも東大出で兄はスタンフォード大学のドクター持ってて。

しかも大、大、大資産家のご令息。
ただ、経歴を読んだ感じでは兄は努力型の秀才、弟は天才肌のようです。
二人の母親も「由紀夫は勉強しないと東大に入れなかった」の発言もあったそう。

これ、本人が聞いたらガチョンですよね。
とにかく邦夫氏は書店の立ち読みで参考書を覚えて帰る程だったらしく
そんな弟がいる中で母親にこんな事を言われたら、弟に負けないとさらに努力を
重ねたのかもしれません。

邦夫氏は早くから政界入りを目指し1976年初当選、由紀夫氏は1987年に初当選。


ここから先は憶測も含む、あくまでも私の妄想です。

由紀夫氏に果たして反抗期はあったのかな。

小学校高学年からの口応えに始まり、中学でピークを迎える恐るべき反抗期。
親にしてみれば「コンニャロー、かわいくねぇ、口応えばっかして」とホントに
フライパンで尻の一つも叩きたくなるんですがね。
キーワードは昔ながらの「クソババー」「うるせえ」「うざw」「かんけーねーしw」などなど。

大なり小なり、暴言を吐いたり、ハンガーストライキしたり、無視したりと
一通り反抗します。

しかしこれがとても大切なことでね。
うちでもこんな事があった時には、頭から蒸気を出し文句をいいつつも
「順調に成長してるのさ。これでいいのさ」と自分を出来る限り抑えます。

反抗期は必要で、しかるべき時期に反抗しなかった、出来なかった人には何歳であろうと
後で必ず反抗期がやって来るように思います。

それこそ40歳でも50歳でも。

そして時期を外した反抗期は妙な形で現れ、それまでと人が変わったように
周りの人間が「信じられない」とドン引きするような行動に走ることもあるようです。
最悪、家庭崩壊ですね。

反抗しなかった、出来なかった背景には母親も深く関わっていると思います。

心配だ、心配だと手出し口出し金をだし、いい年こいても子供に余計なおせっかいをする。
子供がやめろと言えば逆上、泣き落とし、経済封鎖と脅しをかける。
ストーカー化する親もいるそうで、子供の自立と幸せを邪魔しているのに
気がつかない「心配だから」と。

子供のほうもハッキリキッパリ、断固として拒絶すればいいようなものの
その決意を強く持てる素地が全く出来上がっていないから
お互いズルズルべったり離れられない。

由紀夫氏の妙な行動が目立ち始めたのは1990年代後半、邦夫氏の兄との対立が
目立ち始めたのも1990年代後半。

二人ともママからお小遣いをたっぷり貰っていたのは同じようですが、今、この兄弟は
人の一生の中でどのような時期にあるのでしょう。

兄のほうは「宇宙に咲いた奇跡のお花畑」にしか見えないけど。
もはや修復不可能か。


小沢氏もまた一般市民による申し立てで危なくなってきたし、由紀夫氏もしどろもどろ
宇宙怪電波すぎて受信できないよ。

この辺で誰か「体調を崩し、緊急入院」とかもありかなと思えてきた。

トラックバック

脳内メーカー 結婚

脳内メーカー人気が 脳内メーカー人気が無料だから…恋愛バージョンの脳内メーカーも。無料と言えば! これ無料0円! 復縁には方法が!!(続きを読む) 脳内メーカー - 時事ネタ 脳内メーカー-時事ネタをがっつり紹介しています。これで時事問題は怖くない?かも(笑)(続き...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。