保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売国法案の復習1-2

2010-02-16
売国法案
昨日は力尽きました。
いっぺん、にワッっとあれもこれもと集めたのが悪かった。

さて復讐復習いきます。

● 外国人参政権
   1988年、民潭等の要望により、公明党、民主党が共同提出。
   以来、28回に渡り、毎年のように提出されるが否決。
   提出回数(付帯提出含):公明党29回 民主党15回 共産党11回
                   保守党10回 自由党1回

● 重国籍 二重国籍法案
    大元は2008年自民党政務調査会の河野太郎座長
    「重国籍に関する河野太郎座長私案」

    リンク→ 国籍法改正案まとめWIKI

        重国籍に関する現行見解、重国籍に関する河野太郎座長私案 08/11/11

● 簡易帰化制度
    現行のもの2008年12月自民党、公明党により可決。
    2009年1月1日施行

    リンク→ 藤川行政書士事務所
 
      普通帰化と簡易帰化が分かりやすくまとめてあります。

● 外国人基本住民法 前日の記事をどうぞ。

● 人権擁護法案    前日の記事をどうぞ。

● 特例帰化制度
    やはり櫻井よしこ氏が理事長を務める民間シンクタンク
    「国家基本問題研究所」が2009年9月25日
    参政権を日本国籍者に限定すべきだ、として
    下記の内容で鳩山政権へ提言を行った。

  ① 本人確認
     「本国戸籍謄本」等と「外国人登録済証明書」

  ② 帰化意思確認
      「帰化許可申請書」「帰化の動機書」と法律を守り善良な
       市民となる事を誓う「宣誓書」

      ※ 一般帰化と同じく、許可制をとる。
      ※ 特例期間を限定する時限立法。

    リンク→ 「国家基本問題研究所」新政権への提言(外国人参政権問題)   
     
         新政権への提言の原文が載ってます。 
  

長くなりそうなので、いったん切りますねー。  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。