保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年表で追う「従軍慰安婦捏造史」1-6

2010-02-17
年表で追う「従軍慰安婦捏造史」1-6
年表で追いながら、「従軍慰安婦の捏造」の経緯を追ってみたいと思います。

個人的に知りたかった関連記事の脚注は、その都度載せていきます。

年表、前フリは「国民が知らない反日の実態Wiki」よりの抜粋、引用です。
参考、引用サイト様は、一番最後の記事に書かせていただきます。

それでは、前フリからいきます。
ここんとこは結構大事な部分です。


<売春防止法>1956年(昭和31年5月31日)

●法律第18号売春防止法により、売春は完全に禁止された。


<従軍慰安婦の強制連行は証明できない>

● 日本軍が組織的に強制連行をしたことはない。

   ① 日本軍が「戦地の女性を強制連行せよ」と命じる文書がない。

   ② 軍の命令の存在を裏付ける証拠がない。

   ③ 個人的な強制連行を「組織的な強制連行」に昇華することは出来ない。

● 日本軍が強制連行の為に女衒(主に若い女性を買い付け人身売買を仲介する)
   に関与したことはない。

   ① 日本軍は強制連行する業者を取り締まった。

   ② 日本軍は慰安所の経営を健全に保つ為に関与していた。

● 慰安所は待遇が良かった。

   ① 慰安所では性病予防の為の対策が充実していた。

   ② 慰安婦には廃業、帰国の自由が認められていた。

   ③ 慰安婦には接客を断る権利が認められていた。

   ④ 慰安婦と軍人が結婚した例もあり。

   ⑤ 慰安婦はとても裕福な生活を送っていた。

慰安婦募集01

慰安婦募集02

貯金



当時の日本の総理大臣の月給が800円
軍人の月給が15円~25円

300円で慰安婦になりませんか、と朝鮮の新聞に募集があった。
しかし実際には月に1000円~2000円の稼ぎがあり、当然
ながらこの募集に日本軍の関与はない。

一番したの画像は、文玉珠の預金通帳。
彼女は慰安婦として働き、30ヶ月に満たない期間で26,145円の
貯金をのこした。
月割りすると、毎月1000円の貯金をすることが出来た計算になる。

● 韓国は従軍慰安婦を問題視していなかった。

   Wikiのこのページはまだ作成中であるため個人的な補足のみ。
   
   当時、日本でも商売として成り立っていたし、朝鮮もしかり。
   貧しい家族を養うため、口減らしのために娼妓になる事は
   珍しい事ではない。(日本は管理が行き届いていたが)
   
   親、親類、隣人にまで騙され、シナ等に売り飛ばされるなど
   日常茶飯時であったので「慰安婦」=売春とは数ある職業の
   ひとつに過ぎなかったのではないか。
   
   今でも韓国は売春大国であり、売春取締法に対する売春婦のデモなど
   も行われている。(パリでもあったらしいが)

   現在の日本でも、密入国を含め5万人近い韓国人が売春をしている。
   それこそ世界中にどこにでもいる。
   
   現代においてすら売春に対する倫理観は低いと言わざるをえない。
   ましてや60年以上前の貧しい戦時中を思うと、売春への認識は
   さらに低いものであったと想像に難くない。

<日韓基本条約>
 
 1965年(昭和40年)6月22日正式調印
  日韓両国間の国交開設のため、全7条からなる基本的な条項を定め締結された。

  韓国側は基本条約で日本統治時代における個人の未払い賃金を含む
  一切の対日請求権を放棄し、その代償として計8億ドルの無償、有償
  協力資金を受け取った。

 第一条 両国間の外交関係の開設

 第二条 日韓併合条約など旧条約の失効

 第三条 韓国政府の管轄権

 第四条 国連憲章の尊守

 第五条 通商貿易回復

 第六条 民間空港の開設

 第七条 批准

 ※ 批准 国家が条約に拘束されることへの同意を最終的に表示する行為。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。