保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年表で追う「従軍慰安婦捏造史」3-6

2010-02-18
年表で追う「従軍慰安婦捏造史」1-6
づつきいきますー。


1990年(平成2年10月17日)
   韓国の37の女性団体が、当時の海部俊樹首相に公開書簡を送付。

1990(平成2年11月16日)
   韓国において、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が発足。
   この時から毎週水曜日にデモを行うようになった。
   通称「水曜デモ」

   ※現在、大阪を中心に市民団体が粉骨砕身中。
   
  ー女子挺身団ー

   1943年に日本で創設された14~25歳以下の女性が市長村長、婦人団体等の
   協力によって構成されていた勤労奉仕団体のこと。
   1945年3月に国民勤労令によって、国民義勇軍へと吸収、再編成された。
   
   朝鮮人が(当時は併合により日本人だか)そもそも「慰安婦」と「挺身隊」を混同
   したことが誤解の原因となっている。
   
   この場合の挺身隊とは「女学生」を指す。
   慰安婦とは全く違う意味であるが、朝鮮内ではこれを混同し、「挺身隊の徴用」を
   「慰安婦の強制連行」として、誤解あるいは故意に事実を捻じ曲げた。

   
   昭和19年「勅令第579号」が出されたが、朝鮮人はこれを
   「強制連行勅令」とでも思ったかの如くまいど持ち出すが、事実は全く違う。
    
   彼女たちは軍需工場などでの労働として徴用されたのである。
   当時は併合により日本人であったため、徴用は当然かつあり得るべき
   ものであろう。
   しかし、徴用時期など日本人よりもかなり優遇されていた。

   事実、朝鮮では慰安婦と挺身隊を同義語として使用していた時期もある。

   女子挺身隊 リンク→ nakano bunnko 
                 女子挺身隊(昭和19年勅令第519号)原文


1991年(平成3年5月22日)
   朝日新聞、大阪版で「木剣をふるい無理やり動員」という見出しで記事が掲載される。
   吉田清治の慰安婦狩りの証言と、それに関する写真を載せた。

1991年(平成3年8月11日)
   朝日新聞、ソウル支局の植村隆記者が「元従軍慰安婦 戦後半世紀重い口を開く」
   との見出しで記事を掲載する。

 ※植村隆 学生時代から韓国へ興味を持ち、朝日新聞入社後、延世大学(韓国)語学堂に留学。
        妻は、日本政府に対してアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を起こした
        韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会の常任理事、粱順任の娘。
       
        訴訟原告代理人は高木健一(弁護士)
          林和男(弁護士)、福島瑞穂(弁護士)ら11人。

         (下記の1991年12月6日を参照)   
     

1991年(平成3年8月14日)
   元慰安婦とされる金学順が記者会見を開く。

1991年(平成3年8月15日)
   「ハンギョレ新聞」の報道により金学順が「親に売り飛ばされた」
   証言していた事が発覚する。

1991年(平成10月10日)
   朝日新聞、大阪版が、井上祐雅編集委員による吉田清治のインタビューを掲載。
 
1991年(平成3年12月6日)
   金学順ら3名の元慰安婦を含む32人の原告が、日本政府を相手取り
   東京地裁へ提訴。主任弁護士は高木健一弁護士。

   アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件   
   上記1991年8月11日 植村隆を参照ください。

1992年(平成4年1月12日)
   朝日新聞が「歴史から目をそむけまい」と題した社説を発表。
   「16日からの宮沢首相の訪韓では~前向きの姿勢を望みたい」

1992年(平成4年1月13日)
   当時の加藤鉱一官房長官が談話を発表。
   通称「加藤談話」
   事実調査もせぬままに「お詫びと反省」という内容を
   盛り込んでしまった談話。
 ←この時点で負け

1992年(平成4年1月13日)
   Japan timesが当時の外務省、渡辺美智雄大臣の発言を誇張させ報道した。
   
   「この発言は政治家が《日本軍がWWⅡ中に何十万人ものアジア人に対する
   強制売春に加担した》と初めて認めた」と朝日ですら書かないような
   ことを付け加えた。

1992年(平成4年1月16日)
   故宮澤喜一首相が訪韓、反日デモでお出迎えをされる。
   
   首脳会談では8回謝罪し、「真相の究明」約束した。

   真相究明前に、有罪か無罪か分からぬままに、謝罪という
   蛮行を行ったのが故宮澤喜一。
 ←加藤談話を撤回せずまた謝罪。なぜ?

1992年(平成4年1月23日)
   朝日新聞のインタビューにて吉田清治が
   「強制連行された女性は少なくみても950人」と発言。


   ~つづく

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。