保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年表で追う「従軍慰安婦捏造史」5-6

2010-02-18
年表で追う「従軍慰安婦捏造史」1-6
すぐきー


1996年(平成8年6月)
  自民党の奥野誠亮法務大臣が「従軍記者や従軍看護婦はいたが《従軍慰安婦》は
  いない。強制連行は無かった」と発言。

  
  韓国人元慰安婦が自民党の板垣正議員と面会。
  「一部の日本人が強制は無かったと妄言を吐く」と訴える。
  (慰安の)対価としてお金をもらっていないとの元慰安婦の話に
  「そういう例があったとは全く信じられない」と疑問を呈した。

1996年(平成8年6月末)
  故橋元龍太郎首相が韓国の金泳三大統領との会談後
  慰安婦問題を謝罪した。
  ←樹海もの

1996年(平成8年6月27日)
  教科書を発行する7社が「強制連行」の一環として、「慰安婦」の
  問題を掲載したと判明する。

1996年(平成8年12月2日)
  藤岡信勝、西尾幹二、小林よしのり、坂本多加雄、高橋史郎らを含む
  9名の呼びかけで「新しい教科書をつくる会」が結成される。

1998年(平成9年1月31日)
  「朝まで生テレビ」で吉見義明教授が「植民地での奴隷狩り的強制連行と
   挺身隊が慰安婦にさせられた例は確認されていない」ことを認める。


1998年(平成9年3月31日)
  朝日新聞が、吉田清治の証言に関して「真偽は確認できない」と掲載。
  元官房長官の河野洋平のインタビューも掲載。 ←バーロー!

1998年(平成10年8月4日)
  読売新聞が「国連の権威を損なう《慰安婦》報告」と題し、慰安婦強制連行説を
  捏造したものと、それを追認した「河野談話」を厳しく批判。←今さら書くな。

1998年(平成10年9月2日)
  秦郁彦教授が吉田清治に電話をする。
  「著書は小説だった」という声明を出したらどうかと勧めたところ
  「人権屋に利用された私が悪かった」と述べたが「私にもプライドがある。
   85歳になって今さら…このままにしておきましょう」
   との返事。
 ←何がプライドか。日本のプライドどうしてくれるんだ。

  人権屋Wiki リンク→ 人権屋

1998年(平成10年10月)
  「諸君!」11月号において秦郁彦教授が吉田清治本人が
   自書をフィクションである事を認めたと述べる。


2000年(平成12年3月1日)
  読売新聞は社説で慰安婦問題は捏造であると報道した。

2002年(平成14年3月)
  1993年、在日韓国人で唯一、元慰安婦であると名乗り出た
  宋神道(同時に訴えたフィリピン人19人もか?)日本政府に
  謝罪と賠償を求めていた訴訟で敗訴が確定する。

2003年(平成15年3月24日)
  1998年4月27日、元慰安婦3人と元挺身隊7人の計10人が
  日本政府に総額5億6千4百万円の損害賠償と公式謝罪を求めた
  通称「関釜裁判」
の上告が棄却され、慰安婦側の敗訴が確定。

2005年(平成17年8月10日)
  第二次世界大戦終結60周年、世界60都市で同時集会デモが、東京
  ソウル、マニラ、サンフランシスコ、などで開かれ、日本政府に対し
  国連勧告に従い「元慰安婦」への賠償を訴える「アムネスティ=インターナショナル」
  「水曜デモ」を機に慰安婦とその支援者たちに賛同する事を発表する。

   怪しい人権団体 リンク→ 「アムネスティ=インターナショナル」

2007年(平成19年1月31日)
  アメリカにて民主党のマイク=ホンダ議員ら6人の民主党の下院銀が
  共同署名で慰安婦問題に関わる対日非難決議案を提出する。
   ←断固たる態度を取らないからヘンなのが次々わいてくるんだよ。

2007年(平成19年2月25日)
  「報道2001」でマイク=ホンダ議員は強制連行の根拠を
   被害者の証言、アジア女性基金による支援、河野談話、総理の謝罪
   と主張した。 ←ほらツッコミはいったじゃないか。

2007年(平成19年3月31日)
  12年間、償い事業を行ってきた「アジア女性基金」が解散。
    ←お金なくなっちゃって…

2007年(平成19年4月27日)
  アメリカよりの非難が続く中、訪米した安部晋三首相は幹部との会談では自ら
  「せっかくの機会なので一言、念のために申し上げたい。私の意見が正しく
   伝わっていない」と発言。

  これを受けて日系のダニエル=イノウエ上院議員は「残念なのは、慰安婦を
  めぐる米国内の動きだ。7人の首相が謝罪しているにも関わらず、今後も
  続くかと思うと疑問を感じる」と述べた。


年表おわりですー。
あとは補足とリンクです(たぶん)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。