保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR不採用 今度は決着?

2010-03-19
ヘッドライン
まきやすとも氏 不当逮捕の続報→  せと弘幸「日本よ何処へ」
                     反創価公明党・中野区闘争始を宣言! 
 


書こうと思っていて書きそびれていた記事です。

JR不採用問題がついに決着か、と以前に記事にしました。

詳しくはこちらのエントリ→ JR不採用政治決着案

以前の内容は

<解決案>

① 救済対象は910世帯
② 解決金として1世帯当たり約1600万円
③ 解雇で消滅した期間の年金相当分として約1300万円
④ 不採用者が設立した18の事業体に各1億円の支援金を提供
⑤ 55歳以下の組合員約230人の雇用もJR各社に要請
でしたが。


連立与党と公明党の4党は18日、旧国鉄を引き継いだ鉄道建設・運輸施設整備
支援機構が組合員ら910人に1人当たり約2400万円の和解金を支払うよう求める
解決案をまとめ、同機構を所管する前原誠司国土交通相に提出した。

前原国交相はこれまで難色を示していたが、4党案について同日、2月下旬の素案
(2950万円)に比べ「かなり現実的な額」と柔軟な姿勢を示した。鳩山由紀夫首相は
民主党幹事長時代からこの問題の解決に積極的で、政府は4党案を基本に受け入れの
方向で調整に入った。
組合員側も4党案を評価し和解に応じる方針で、国鉄改革以来23年に及ぶ戦後最大の
労働問題は最終決着に向け大詰めを迎えた。
       時事通信社

他の条件はどうなったのでしょうね。

実際に訴訟をおこしているのは1047人のはずで「一世帯あたり」として、910世帯が
支給対象とされていました。

今度は「910人に一人当たり」と微妙に言い方が違うのですが、要は「世帯当たり」と
同じ意味なんでしょうかね。言葉のマジックじゃないですよね。

前原さん、「2400万円」は「2950万円」に比べ、現実的な額ですか。

スクラッチのクジで500円当たって、ヒャッホー!な人間には想像つきません。


17兆円もの赤字を国民に押し付け、ゴネ続ける事20余年。
それまでにも500万づつくらい貰ってるでしょう。ゴネて。

鉄道建設・運輸施設整備支援機構にもずいぶん税金使われてますよね。

何だかヘッドラインを見てると、赤字国債なんて嘘なんじゃないかと思う。
どこもかしこも、お金がい~っぱいあって全然困ってないように見える。
それどころか、ダブついてるような。

過去最高の赤字国債発行なんて嘘でしょ。
本当はお金いっぱいあるんでしょ。

貯金いっぱい持ってるオカンが「金?!うちにはナイナイ!!」ってのと同じ
ナイナイ詐欺で、税金上げようとしてるんでしょ。

と、根性曲がりのひねくれ者になってます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。