保守のうさぎ随筆

時事問題、近代史、ひとりごとなど脱線多発。動画も紹介しています。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮総督府と日本組合基督教会

2010-03-20
朝鮮総督府と日本組合基督教会
相変わらず北の親子をググってますが、オヤジのほうのウィキはダメですね。

誰かがあちこちを、ヘンな日本語でいじくり回している感じです。
全部が全部そうじゃありませんが、金日成の活躍部分などは怪しすぎる。


さて、タイトルなんですが、年表で追う「従軍慰安婦捏造史」2-6
日本基督教会の加盟団体としチラッと書いたのがずっと疑問に残ってて。

「日本組合基督教会が、なぜ朝鮮総督府から巨額の資金援助を受けて
 布教活動を行ったか」 なんですね。

当時は天皇はもちろん、神社なども建てられていたのに何故プロテスタントの
布教活動を総督府が後押ししたのかが疑問でした。

んで調べたけど、余り信用できそうな資料や書籍からの抜粋が無いんですよね。
「植民地」「同化政策」「支配」「偽装事件」「強制」などという言葉が使われていて
全然、資料として信用する気になれない。

それでもこんな感じ?みたいな諸説を見つけてみました。

日本組合基督教会(日本基督教会加盟団体)

日本基督教団成立以前のプロテスタント三大宗派の会衆派に属し、米国の
宣教師グリーン、新島襄らにより、明治19年(1886年)結成された。
同志社大学などを設立。

1910年、朝鮮総督府は日本基督教会の指導者であり、併合には賛成して
いた日本基督教会の指導者、植村正久に朝鮮戦況を断られたため、
日本組合基督教会の指導者、海老名弾正に朝鮮宣教を命じた。
それを受けて、渡瀬恒吉を派遣。

※補足 韓国では、基督教、教会=プロテスタント 天王教、聖堂=カソリック

当時、総督府へのレジスタンスの多くは朝鮮のプロテスタント教会が行い、
欧米諸国からの宣教師による、新しい西洋の思想を含む抵抗でもあった。

総督府はそのような動きが基督教に支えられ、朝鮮併合(原文では併合では
なく支配)の妨げになる事、基督教と、日本の国体、天皇観の対立が不可避で
あることを感じていた。

そのため、総督府の政策の規範に従う教会であった「日本組合教会」の
布教活動に約6千円を投資し、朝鮮基督教を組合教会系にまとめようとした。

らしいのですが。
訳はもっともなんですけど、信憑性に自信がありません。

どなたかご存知のかたがいらっしゃれば訂正して下さいお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © うさぎとさかな All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。